一人暮らしに必要な鍋の数って何個?必要な種類やサイズを解説します

---

この記事には広告を含む場合があります。 記事内で紹介する商品を購入することで、当ブログに売り上げの一部が還元されることがあります。

---

はじめて一人暮らしをする時ってお鍋の種類やサイズがたくさんありすぎて、どれが本当に必要なのかわからなくて悩みますよね。

一人暮らしのひとは深型のフライパンと片手鍋があれば、困る事なく自炊ができちゃいます◎

この記事では一人暮らしに必要なお鍋やライフスタイルに合わせてあると便利なお鍋をわかりやすく解説してます。

一人暮らしのキッチンは収納がとっても狭いのであれこれ考えずに買ってしまうと収納できなくてとっても困ります

事前にしっかり確認をすることで必要なお鍋だけを購入できるので、初期費用が節約できるだけでなくキッチン収納に悩む心配がなくなります。

一人暮らしに必要な鍋とサイズ

一人暮らし 鍋 数

一人暮らしのひとにまずは揃えて欲しいお鍋を2つ紹介します。

使用用途も解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

深型フライパン

フライパンは調理をしたりトースター代わりにパンを焼いたりするので、フライパンはあったほうがいいです。

フライパンを選ぶ時は深型のフライパンを購入すると、焼き物や炒め物以外にも兼用できるの非常に万能です。

フライパンを選ぶ時は24cmが使いやすいサイズでおすすめです。

フライパンを選ぶポイント

フライパンを選ぶ時に24cmと26cmでとっても悩みますよね!一人暮らしにぴったりのフライパンのサイズは24cmです。こちらの記事に詳しくまとめましたので参考にしてみてくださいね。

>>【一人暮らし】フライパンのサイズは24cmと26cmどっち?選び方を解説!

片手鍋

スープや煮物を作る時やラーメンやうどんなどの麺類を茹でる時に片手鍋が必要です。

基本的に自炊をあまりしないひとは深型のフライパンがあれば必要ありませんが、おかずと汁物を同時に作ったりするときに必要になってきます。

えりょ
えりょ

自分のライフスタイルに合わせて決めよう!

片手鍋を選ぶポイント

一人暮らしにぴったりの片手鍋の選び方をこちらの記事にまとめました!ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>【一人暮らし】片手鍋は16cmと18cmどっち?使いやすい素材やサイズを解説

一人暮らしにあると便利な鍋

一人暮らし 鍋 数

おうちで調理をする時に絶対に必要ではないけれどあると便利なお鍋をご紹介します。

自炊の頻度などで必要性は変わってくるので、自分のライフスタイルと照らし合わせて購入するようにしましょう。

小型のフライパン(18~20cm)

「ちょっとだけ餃子を焼きたい」とか「副菜をちょっとだけ作りたい」時など、大きなフライパンを使うほどでもない時にあると非常に便利です。

少ない油で調理できるだけでなく、めんどうな食器洗いが楽ちんになります。

卵焼き用フライパン

お弁当に卵焼きを入れるひとやちょっとウインナーを炒めたい時は、卵焼き用のフライパンがあると便利です。

でも、小型のフライパンや電子レンジで作れるので代用可能ですので、使用頻度と収納スペースを考えて購入するようにしましょう。

DAISO:レンジで簡単だし巻きたまご

土鍋・卓上鍋(ひとり用)

冬の寒い季節にあつあつのお鍋やうどんを食べるときに、土鍋があるととっても便利です。

えりょ
えりょ

お鍋は時短料理で栄養満点!

実は土鍋があると炊飯器がなくてもおいしいご飯が炊ける事もメリットのひとつ!

炊飯器は一人暮らしの狭いキッチンでは意外と邪魔で、実は使っていないひとも多いんです。

ニトリ
¥1,390 (2024/01/28 22:26時点 | 楽天市場調べ)
あわせて読みたい

実は一人暮らしの狭いキッチンは炊飯器がない方が広々快適でメリットがたくさんなんです◎炊飯器の購入に悩んだらぜひ参考にしてみてくださいね。

>>一人暮らしは炊飯器がいらない?いらない理由や代用品を解説します

やかん(1L)

カップラーメンやコーヒーを飲むときに、お湯を沸かす時に使います。

片手鍋や電気ケトルでも代用可能なので、自分のライフスタイルと照らし合わせて購入しましょう。

お鍋を選ぶ時のポイント

一人暮らし 鍋 数

一人暮らしの狭いキッチンは収納が少ないので、購入する時にいくつかポイントがあります!

一人暮らしでも困らないお鍋選びのポイントを解説していきます。

最初にたくさん買わない

一人暮らしのキッチンはとっても狭いので、必要以上にお鍋を持っていると収納スペースを圧迫してしまいます。

特にお鍋は大きいので思った以上に収納スペースを圧迫するので注意しましょう。

取っ手が取れるもの

お鍋を購入する時に取っ手が取れるタイプを選ぶと重ねて収納できるので、収納スペースを圧迫せずに収納することができます◎

キッチンにお鍋やフライパンを吊るせるのであれば、取っ手を気にして購入する必要はありません。

えりょ
えりょ

吊るす時は取っ手に穴があるか確認しようね

蓋を兼用する

お鍋の蓋って意外と収納する時に困ります。

お鍋とフライパンのサイズを合わせると蓋が兼用できるようになるので、購入する時に気をつけましょう。

ニトリ
¥5,490 (2024/03/30 13:59時点 | 楽天市場調べ)

自炊の頻度に合わせてお鍋を選びましょう

一人暮らし 鍋 数

これから一人暮らしをはじめるひとは、まずは深型のフライパンと片手鍋を購入するようにしましょう!

一人暮らしのキッチンは収納が狭いので一度にたくさんのお鍋を購入してしまうと、収納を圧迫してしまって困る事になります。

一度にたくさん購入せずにまずは必ず必要なものだけを購入して、必要になった時に買い足すようにしましょう。

また、取っ手が取れるを選んだりタイプや蓋を兼用するだけで収納に困らなくなるのでとってもおすすめです。

あわせて読みたい

一人暮らしのキッチンはまな板を置くスペースも少なくて自炊をする気になれないですよね。でも便利グッズを使って工夫をすれば作業スペースをしっかり確保できるんですよ!こちらの記事に詳しくまとめましたのでよかったら参考にしてみてくださいね。

>>まな板が置けない!一人暮らしの狭いキッチンで作業スペースを確保する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA