カーシェアリングのデメリット!やっぱり中古車を購入して正解だった

---

この記事には広告を含む場合があります。 記事内で紹介する商品を購入することで、当ブログに売り上げの一部が還元されることがあります。

---

スマホから簡単に予約ができてサクッと車に乗れて、車の維持費を抑えたいひとにカーシェアリングは大人気!

とっても便利なイメージのカーシェアですが、カーステーションが少ない地域では予約を取るのがとっても大変で乗りたい時に乗れない事の方が多いです。

カーシェアリングは予約制なのでもちろん返却時間が決まっていて、思わぬ渋滞にはまってしまうと返却時間に間に合わなくて焦ってしまう事もよくあります。

この記事では車の維持費を抑えるためにカーシェアを検討しているひとに向けて、カーシェアリングのデメリットをわかりやすく解説しています。

特にカーステーションの多い都心ではなく、カーステーションの少ない地域にお住まいのひとは事前にデメリットを理解したうえで上手にカーシェアを利用しましょう。

カーシェアリングのデメリット

車の維持費が抑えられるのでとっても便利なカーシェアリングですが、もちろんデメリットはあります。

車の維持費を考えて実際にカーシェアリングを3ヵ月使ってわかったデメリットをわかりやすく解説していきます。

予約が取れない

車の維持費の為にカーシェアリングを使っている人は思っているより多く、自分が車を使いたい時に予約を取れないことが非常に多かったです。

特に土日の昼間は1週間前にも関わらす予約が埋まっている事が多く、車が必要な時に車に乗れなかったです。

えりょ
えりょ

車に乗りたいタイミングはみんな一緒

「ちょっと時間ができたから今のうちに買い物に行こう!」とか「明日急に出かける予定ができた!」なんて時に予約が全然できなかった事が、私がカーシェアリングをやめた一番の理由です。

返却時間がある

返却時間については次の予約が埋まっていなければ延長できる場合もありますが、次の予約がある場合は延長はできません

カーシェアリングを使う場合は渋滞なども考慮してできるだけ時間に余裕をもって予約をした方がいいです。

えりょ
えりょ

特に土日の延長は難しいです

時間制限があるとゆっくり買い物や観光ができなかったり、渋滞にはまってしまうと余裕がなくってしまうのでとても不便を感じました。

長時間使う場合はレンタカーの方が安い

カーシェアリングを短時間で使う場合はガソリン代も料金に含まれていてお得に車に乗ることができますが、6時間を超える場合はレンタカーを借りた方が安い場合が多いです。

カーシェアリングと比べてレンタカーは予約から乗車までやガソリン満タン返しがちょっとめんどくさいですが、利用料金を抑えたい場合はレンタカーとの併用がお得です。

運転初心者には不向き

カーシェアリングは駐車場の一部をカーステーションとして利用している事が多いので、駐車スペースが狭い場合があります。

私も実際にカーシェアリングを予約してカーステーションまで行ったのに駐車スペースが狭すぎて返却時に駐車をする自信がなく予約をキャンセルした経験があります。

えりょ
えりょ

地図アプリの航空写真で確認してました!

また、自分の車ではないので毎回違う車を運転する場合がほとんどです。

車種によってアクセルやブレーキを踏み込む力加減が違ってくる為、ペーパードライバーの私には正直怖かったです。

車内に荷物を置きっぱなしにできない

自分の車ではないのでもちろん荷物を置きっぱなしにはでないので、地味にめんどくさいです。

マイカーになってからはティッシュや充電コードはもちろん、よく使う趣味の道具などを車に置きっぱなしにできるのでおでかけの準備が楽ちんになりました。

車内が汚い場合がある

カーシェアリングを使用したら車内を綺麗にしてから返却することがルールですが、たまに車内にゴミが残っていたり足元が泥だらけだったりします。

逆を言えばアウトドアなどで自分がカーシェアを利用する場合、汚さないようにすっごい気を使います!

靴の裏の泥とか海の砂など、アウトドアではどうしても汚れがつきものなのでめんどくさいです。

えりょ
えりょ

衛生上残念ながらペットの同乗もできません

アウトドアで車を使う事が多い人や小さな子供がいるファミリーやはりマイカーがおすすめです。

あわせて読みたい

カーシェアリングを使うときに車内を汚してしまわないか心配なときはシートカバーがおすすめです◎サッカーや野球などの習い事のお迎えや、急な雨でも車内を汚す心配がなくなります。

>>サーファー必見!車を汚れから守る防水カバーが便利◎おすすめと使い方を解説します

カーステーション内に自転車を置けない

自宅からカーステーションまでちょっと距離がある場合は自転車を使ってカーステーションまで行きたいところですが、カーステーション内に自転車を置けない事が多いです。

真夏の暑い時や天候の悪い時など、カーステーションまので距離があるひとはとってもストレスに感じます。

裏技としては折りたたみ自転車に乗ってカーステーションまで行って、車を利用している間は折りたたんで車内に乗せれば問題ありません。

ただ、車内を汚さないように注意しなければならないし、予約時間が限られているのでやっぱりストレスです。

カーシェアリングが向いている人

カーシェアのデメリットを解説してきましたが、カーシェアにはもちろんメリットもあります。

ここからはどんなひとにカーシェアが向いているかわかりやすく解説していきます。

とにかく維持費を抑えたいひと

軽自動車の1ヵ月の維持費は2~3万円と言われており年間40万近くかかります。

週末のお買い物程度しか車を使用しないなら購入するよりカーシェアリングの方が断然お得です!

毎週末2時間使用した場合のカーシェアの料金

1回の料金は1,760円
1ヵ月の料金は7,040円

また、車を購入した場合はメンテナンスや車検もありますが、カーシェアリングの場合は一切不要です◎

えりょ

ガソリン代も料金に含まれているよ

カーステーションが近所に複数あるひと

カーシェアリングは予約がいっぱいで車を使いたい時に使えない事が最大のデメリットです。

自宅周辺にカーステーションが複数あったほうが予約が取りやすくなるので、事前にカーステーションの場所を確認しておきましょう。

えりょ
えりょ

複数のカーシェアリングに入会するのもあり!

運転に慣れているひと

カーステーションの駐車スペースが狭い事や、毎回違う車を運転することを考えるとある程度運転に慣れている人の方がカーシェアリングが向いているといえます。

運転に自信のない人は、カーシェアリングよりもマイカーやお店に店員さんがいるレンタカーの方がおすすめです◎

カーシェアは郊外在住や運転初心者には不向き

カーシェアリングはマイカーと比べて車の維持費を安く抑えられて、めんどうなメンテナンスも不要なのでとっても便利ですが、カーステーションの少ない地域や運転に不慣れな人にはデメリットが多いです。

私の住んでいる地域はカーステーションが少なく予約が全然取れなかったので、カーシェアリングをやめて中古車の購入を選択しました。

お出かけのタイミングで雨が降った時でも、お出かけ先で渋滞に巻き込まれてもなにも気にしなくていいのは維持費はかかるけどやっぱり便利なので中古車を購入してよかったと思っています。

カーシェアリングと中古車どちらにしようか迷ったら、まずは中古車の相場を確認してましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA