ハイドロフラスクはかわいいだけじゃない! アウトドアにもおすすめの保温力がすごい

サティスナブルという言葉を耳にする機会が近年増えてきましたね。

未来の世代も美しい地球で平和に豊かに暮らせるためにできることから始めようと、マイボトルを検討している方も多いと思います。

でもマイボトルってたくさん種類があって本当に悩む。かわいいものは機能的じゃなかったり、機能的だけど洗いにくくて毎日使うには億劫になってしまったり。

せっかく使うのだから自分が気に入った物を長く使っていきたいですよね。

そんな方にオススメなマイボトルがアメリカ生まれのHydro Flask(ハイドロフラスク)です。

見た目がとってもかわいいのになんと24時間の保冷力がある優れものなんです!

この記事ではハイドロフラスクのボトルを実際に1年以上使っている私が、ハイドロフラスクのメリットとデメリットをわかりやすく解説します。

ハイドロフラスクとは

ハイドロフラスクといえば「ハワイ」と思われる方も多いと思いますが、実は2009年にアメリカのオレゴン州で生まれました。

その後ハワイで爆発的に人気となり、2017年に日本に上陸しました。

抜群の保温力とカラフルなデザインで日本でも大人気のボトルです。

オススメ① サイズ・カラー・アクセサリーが豊富!

ハイドロフラスクの1番のオススメポイントとしてはやっぱり自分好みのボトルが見つかることです。

  • サイズ展開が豊富なので用途によってサイズが選べる
  • おしゃれなカラーからシンプルなカラーまであるので自分好みが見つかる
  • 友達やカップルでお揃いにもできる
  • 車やスポーツで使うときに便利なアクセサリーでカスタマイズできる

それでは1ずつ解説していきます。

サイズが豊富

サイズ一覧
  • 12oz / 354mlホットドリンクやスープにオススメ★
  • 16oz / 473ml
  • 18oz / 532ml普段使いにオススメ★
  • 20oz / 591ml
  • 21oz / 621ml
  • 24oz / 709ml
  • 32oz / 946mlファミリーなど数人分にオススメ★
  • 64oz / 1.9l

コンパクトな12oz354ml)から大容量の64oz1.9Lまでサイズ展開があるので用途によって使い分ける事ができます。

私はちょっとお出かけやホットドリンクには12oz、海やキャンプに行く時は18ozを使っています。

 

飲み口がスタンダードマウスとちょっと大きいワイドマウスの2種類あります。

カラー展開が豊富でコラボ商品などもある

みてくださいこの豊富なカラー展開!定番のシンプルなカラーから個性的なカラフルなカラーまでどれにしようか迷う!

私が使っているのはハイビスカスです。かわいすぎないピンクでとっても気に入ってます。

ほかにもコラボ商品や限定品などを発売している事があって、グラデーションカラーはフリマアプリで購入しました。

アクセサリーでカスタマイズ

 

キャップを外さなくてもスライドさせれば飲むことができます。

こんなひとにオススメ
  • 車の運転中で信号待ちとかでちゃちゃっと飲みたいひと
  • デスクワークで何度もキャップを開けるのがめんどうなひと
  • ストロータイプは洗うのがめんどくさいけどキャップを閉めたまま使いたいひと

キャップを外さなくても片手でストローを出して飲むことができます。

こんなひとにオススメ
  • 車の運転中で信号待ちとかでちゃちゃっと飲みたいひと
  • スポーツをしながら使いたい人
  • 小さなお子さんがいるひと

 

ボトルの底に取り付けるカバーです。ボトルの汚れ傷を防止してくれます。

オススメ② 抜群の保冷・保温力でアウトドアにもオススメ

どんなにかわいいボトルでも飲み物がすぐにぬるくなってしまったら使えないですよね。

ご安心ください!ハイドロフラスクは保冷力・保温力がバツグンなんです!

 

ボトルに二重の真空断熱構造が施されいるので、保冷効果は最大24時間・保温効果は最大6時間持続します。二重の真空断熱構造のなので、表面に結露もしません。

私は真夏の海に持ってくのですが、冷たいまま飲み物が飲めるので手放せない!

オススメ③ 臭い移りもなくシンプル構造で洗いやすい

他のステンレスボトルやプラスチックのボトルって、コーヒーを入れたら臭いが移ってしまって次に使うときになんかいやーな臭いがするって事がありませんか?

私も以前使っていたボトルに臭いが移ってしまって洗っても全然取れなくて困ったことがありました。

でも、ハイドロフラスクのボトルは臭いが全然移らない・・・びっくりするくらい移らない!!安心してコーヒーを入れられますね。

飲み口も大きくシンプルな構造でとっても洗いやすいので、毎日使っても洗い物がイヤにならないので普段使いにおすすめ◎

えりょ

洗いにくいと使うのが億劫になるよね

唯一のデメリットは重くて大きいこと

二重の真空断熱構造だからかちょっと重いです。

1番小さい12oz(354ml)のボトルでも290gあります。飲み物を入れたらその分もっと重くなる。。。

最近通常のボトルに比べて重さが軽いライトウエイトシリーズが発売されました!

21ozの重さ比較
  • 通常:340g
  • ライトシリーズ:218g

サイズは21oz・24oz・32ozの3種類となっていて、シンプルなカラーのみになります。

カラフルなカラーが好き!というひとには不向きかも。

かわいくて機能性も高いハイドロフラスクは1度使ったら手放せない

実際にハイドロフラスクのボトルを使ってみて、かわいいし使いやすいしなんといっても真夏でも使える高い保冷力でサイズ違いで買っちゃうくらいとっても気に入っています。

重さは気になるものの、やっぱりかわいいボトルがいいので手放せない!

琴ヶ浜は初心者~上級者まで楽しめる!5月の神奈川県真鶴でシュノーケリング

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA