アウトドアシーンで便利!1つは持っておきたいシングルバナー

こんにちは、えりょです!

アウトドアシーンで火を起こすのはめんどくさい・・・でもちょっとお湯を沸かしたり、料理をしたい時にとっても便利なシングルバナー。ソロからファミリーまでとっても重宝します。

また、災害時にも使えるので、1つは持っておきたいですよね。

とはいっても、種類も豊富でどれを買ったらいいか迷ってしまいます。私も買うまでいろいろ調べまくりました。

今日は私が初めて買ったキャンプグッズでもあるSOTOの「レギュレーターストーブ(ST-310)」をご紹介します。このシングルバナーを買ってから、手軽にデイキャンプができるようになりました!

初心者(私もだけど)にも簡単に使えるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

レギュレーターストーブ(ST-310)

仕様

●外形寸法
幅166X奥行142X高さ110mm(使用時・本体のみ)
幅140X奥行70X高さ110mm(収納時)
●重量
350g(本体のみ)

引用元:SOTO

片手で簡単に持てちゃうコンパクトサイズが魅力的。

袋から出すとこんな感じで折りたたまれています。

使用できるガス缶について

こちらのシングルバナーはCB缶専用(カセットコンロ用)となります。
CB缶はコンビニやドラッグストアでも購入できるので、私はCB缶用のシングルバーナーにしました。

また、CB缶は外気温が低いとパフォーマンスが落ちるものもある中、外気温5~25度で一定のパフォーマンスが落ちないことも魅力の1つです。

CB缶とOD缶の違い

アウトドアで使用するシングルバーナーには今回ご紹介した「CB缶専用」と、もうひとつ「OD缶専用」があります。自分の使用シーンを考えて選びましょう!

えりょ

私は寒い所には行かないし、手軽にガス缶が買えるCB缶タイプにしたよ!
CB缶のメリットとデメリット
【メリット】
・ガス缶をコンビニなどで購入して手軽に購入できる
・シングルバーナー以外にもカセットコントでも使える
【デメリット】
・火力が弱い
・OD缶に比べて大きい
OD缶のメリットとデメリット
【メリット】
・火力が強い
・CB缶に比べてコンパクト
・ランタンにも使えてアウトドア感がでる
【デメリット】
・購入できる場所が限られている
・CB缶に比べるとコストがかかる

使い方

CB缶をセットして、つまみを時計回りに回すとガスが出ます。

ガスが出てきたら点火スイッチを(画像の「これ」)押すと着火完了です!
写真を見てもらうとわかるのですが、点火スイッチがとても小さいので、別売りのアシストレバーを買った方が便利です!

火力調節や火を消すときは、つまみを回すだけなので簡単。

別売りの点火アシストレバーST-3104

一緒に使うと便利なもの

風防

風が強い日はこれがないと火が安定しない!これがあるかないかで大違いです!絶対持っておきたいアイテムです。

クッカースタンド

シングルバーナーに五徳がついているのですが、ちょっと重いものを乗せるときや不安定な場所などで使用しています。クッカースタンドがあると安定感があるので安心して使えます。

まとめ

SOTOのシングルバーナーは軽量・コンパクトなのに、パフォーマンス抜群!1つは持っておきたいアウトドアグッズです!

火の取り扱いには十分注意して、楽しいアウトドライフを楽しみましょうね。

ご訪問ありがとうございます!
↓よかったら、応援よろしくお願いします。↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA